委員会方針

  • 総務委員会
  • 新湖北創造委員会
  • まちづくり委員会
  • 青少年育成委員会
  • 新入会員指導委員会
  • 広報戦略委員会
  • 経営者研修委員会
  • 例会委員会
  • 会員交流委員会

総務広報委員会

委員長

松塚 奨

委員長

副委員長

谷口 和真

委員会運営大綱

一般社団法人長浜青年会議所の総括的運営と組織の把握並びに財務管理

委員会基本方針

未来を見据え、更に力強く活動できる組織にしていく為には、今日まで先人たちが積み上げてきた大切な規律を遵守することを徹底し、総務委員会が如何なる時も組織に対して一切の妥協を排した気概でいることが重要だと考えます。
 そこで本年度総務委員会では、一点一画もゆるがせにしない精神を常に心掛けて上程議案・各種資料の精査を徹底して行い、規律を厳格に守ってスムースに進む会議運営に全身全霊で務めます。また全ての委員会と密接した連携を図り、各委員会の活動が円滑に遂行していけるように、誠実な姿勢を忘れず指導・管理を確実に務めます。当委員会が模範となるべき姿を示すことで、組織は統制がとれた強固なものとなり、組織の更なる成長に繋がると確信致します。

委員会事業計画

  1. 総会及び理事会の主管
  2. 収支予算書・修正予算書・補正予算書・事業報告・事業報告の附属明細書・貸借対照表・正味財産増減計算書・貸借対照表及び正味財産増減計算書の附属明細書・収支決算書・財産目録・公益目的支出計画実施報告書の作成
  3. コンプライアンスに関する教育指導及び審査と運用
  4. 会費の徴収及び財務管理
  5. 一般社団法人長浜青年会議所基金の管理
  6. 一般社団法人格に関する作業の実施
  7. 定款及び諸規程の的確な運営と検討
  8. 事務局の効率的な運営
  9. 会員必携の作成及び配布
  10. 会員資格規定に関する作業の実施
  11. 会員原簿の作成・管理及び会員データベースの保守
  12. 公式訪問に関する企画及び運営
  13. 新入会員候補の選考
  14. 各種資料作成と情報管理のデータベース化の推進
  15. 褒賞申請に関するサポート

新湖北創造委員会

委員長

小林 大英

委員長

副委員長

中原 幸嗣   本田 智見

委員会運営大綱

湖北が一体となり発展できるグランドデザイン創造に向けた調査研究並びに事業の実施

委員会基本方針

湖北にさらなる経済的賑わいを生むには、社会に恩恵をもたらすびわ湖の多様な価値を活かした新たなまちづくりを展開し、希望に満ちた豊かな湖北の未来に人々や企業を惹きつけ呼び込むことが重要です。

そこで本年度新湖北創造委員会では、暮らしや産業など多面的な角度からびわ湖の活用を追求し、都市づくりに精通した企業や有識者の知見を取り入れながら、青年会議所にしか描けない説得力と訴求力の高いものを見出します。そしてびわ湖の具体的活用を柱としたグランドデザインの骨子を行政や企業へ提示し、賑わい溢れる未来の湖北を指し示します。こうして産官学が共に明確な展望を持つことで、湖北が一体となり発展できるグランドデザインの創造に繋がると確信します。

委員会事業計画

  1. 湖北の最大資産であるびわ湖の経済的価値とその活用方法についての調査研究
  2. びわ湖の活用を柱としたグランドデザインの骨子を発信する事業の実施

まちづくり委員会

委員長

奥長 藤秀

委員長

副委員長

岡 真司   西川 雅英

委員会運営大綱

市民の活力を集めて湖北の新たなシンボル創造に向けた調査研究並びに事業の実施

委員会基本方針

多くの人々を湖北に集め、賑わいと活力の源泉となる湖北のシンボルを創りあげるには行政関係者や企業と協力し、地域の枠組みを超えた人々の手で湖北八景を精選し、誰もが共有できるよう力強く発信する必要があります。

そこで本年度まちづくり委員会では、行政、各種団体、企業の客観的な視点を活用して湖北の魅力を絞り込み、私たちが中心となって湖北八景を生み出します。そして、創り上げた湖北八景に多くの人々を呼び込む為に、官民で新たな活用方法を考え、外部企業の発信力を使って湖北内外に広く発信します。この運動が湖北八景の外部評価を得ることとなり、人々の活力が生まれ湖北八景への意識が高まり、誰もが認めるシンボル創造へ繋がると確信します。

委員会事業計画

  1. 湖北八景を精選、共有し発信に向けた調査研究
  2. 湖北八景を精選、共有し発信に向けた事業の実施

青少年育成委員会

委員長

荻下 拓士

委員長

副委員長

大澤 剛人   細川 良

委員会運営大綱

社会を創造する人材を育成する地域教育の創造に向けた調査研究並びに事業の実施

委員会基本方針

私たちはこれまで、子ども達が自らと湖北の未来を結び付けて考える事の重要性を地域に投げかけてきました。今後Vision16を確立する為には、地域に有益性を示しこの教育を実施する企業と機会を増やしていくことが必要だと考えます。

そこで本年度青少年育成委員会では、湖北を拠点としている企業や行政関係者を巻き込み、子ども達が社会で継続的に学び、主体的に挑戦し続けられる場を創出します。私たちの独自性を活かした社会での実学を通し達成感を得ることで地域をも変え得る気概を持った子ども達を育てるVision16を示します。この運動を広げることにより、湖北独自の教育文化として社会を創造する人材を育成する地域教育が創造されると確信します。

委員会事業計画

  1. 子ども達が継続的に社会の実践の場で学び、主体的に挑戦し続けられる場の創出に向けた調査研究
  2. 子ども達が継続的な学びからまちに変化を与える体験と発信に向けた事業の実施

FT委員会

委員長

渡辺 浩之

委員長

副委員長

金子 剛士

委員会運営大綱

青年会議所会員としての基礎知識の習得並びに相互研鑚

委員会基本方針

私たちは何ものでもない。そう、すなわち無限の可能性がある。

青年会議所の門を自ら叩き入会を決意することが人生に於いてどれだけ価値があり、尊いことかは巣立った諸先輩の軌跡を見れば容易に感じ取ることができます。我々も先達を越え自らの人生を切り拓くため、活動を通じ多様な価値感に触れ、多くの経験を積み重ね自己成長を図らねばなりません。

そこで本年度新入会員指導委員会では、自らの価値観に凝り固まらず己を変革するため常に思考し努力できる素養習得を目指します。さらに様々な外部からの刺激や影響を受け入れながら、永続的に自分を高め、自分を修め、自らを変革し続けるために必要な度量ともいうべき素直さを持った人間形成を行って参ります。

委員会事業計画

  1. 新入会員オリエンテーション並びに歓迎会の実施
  2. 青年会議所活動の理解と事業の積極的参加
  3. FTセミナーの実施

広報戦略委員会

委員長

藤本 雄一

委員長

副委員長

池田 洵一

委員会運営大綱

一般社団法人長浜青年会議所の積極的且つ戦略的な広報広聴活動並びに情報管理

委員会基本方針

様々な情報媒体が成熟している今、市民に対して青年会議所運動の認知と理解を向上させる好機と考えます。その好機を活用し、我々が地域の希望となる為には、目線を合わせ、共感を生み、共に創造する広報戦略が求められます。

そこで本年度広報戦略委員会では、「共創」をテーマに市民を巻き込む為の広報手法を研究し検証した上で効果的な情報媒体を選定し分かりやすく発信することで様々な人への認知を広めます。更に青年会議所運動を市民の方と触れ合いながら効果的にPRする広報事業を行う事によって共感を生み出し市民の理解を深めます。これらの活動を通じて地域との連携を創出し、我々が湖北を照らす希望となることを確信致します。

委員会事業計画

  1. 青年会議所の運動をPRするための広報事業の実施
  2. 戦略的広報の研究と実施
  3. JCニュースの発刊と充実
  4. ホームページ、および各情報媒体を通して情報の受発信
  5. 地域・他団体への積極的広報広聴活動及び渉外活動
  6. メディアとの交流による情報の受発信
  7. 写真、映像などの資料等の整理
  8. 各委員会およびメンバーの情報収集、並びに広報支援
  9. 日本青年会議所の人間力大賞の申請に関する業務

LD委員会

委員長

鷲見 洋一

委員長

副委員長

大橋 弘典

委員会運営大綱

企業経営者としての資質向上及び企業の発展に向けた調査研究並びに事業の実施

委員会基本方針

経営者は己の置かれている状況を常に把握し、己の限界を突破し続けなければなりません。しかし様々な経営資源の中でも唯一限界があるのは「時間」です。そこに平等に限界があるからこそ、経営者として超長期的な視点を持って企業の将来の方向性をとらえることが重要になると考えます。

そこで本年度経営者研修委員会では、自らが事業を承継させていく立場から、経営者として己を見つめなおすとともにさらなる自分自身の成長を促し、己の限りある時間に対する捉え方を変えて今まで培ってきた経営能力を向上させることができる事業を開催します。その結果、時間という枠に縛られない限界なき経営者になることができ、ひいては永続的に発展し続ける企業になると確信します。

委員会事業計画

  1. 企業の永続的な発展に関する調査研究
  2. 企業経営者としての資質向上を目指す事業の実施
  3. 交通安全意識の昂揚

例会委員会

委員長

藤田 義之

委員長

副委員長

種田 清宏

委員会運営大綱

例会の主管及び積極的参加の推進

委員会基本方針

一般社団法人長浜青年会議所の例会は、厳粛な空間の中、意識を共有する事で互いに学び地域を担う青年経済人として成長出来る最良の場であります。例会を通じて組織の目的と向かうべき方向性を共有し結束を高め、社会情勢の先を見通し、先駆けて行動を起こせる会員へと成長することが必要であると考えます。

そこで本年度例会委員会では、会員一人ひとりが地域の先導者となり社会を変革するための先見力を養います。常に時代の先を見据え行動し活躍されておられる方々の価値観に触れ気づきを得る事で、会員一人ひとりが新たな視野を確立すると共に未来を見据え突き進む気概を育み、社会を変革する先導者へとなることが出来る例会を企画運営致します。

委員会事業計画

  1. 例会の企画と主管
  2. 例会内容の充実
  3. 積極的な例会参加への意識の昂揚

会員交流委員会

委員長

上田 暁成

委員長

副委員長

北川 博士   甲斐 智計

委員会運営大綱

会員相互の融和と組織の結束力向上の推進

委員会基本方針

一般社団法人長浜青年会議所は、まちの発展を信じて先駆的な運動を行ってきました。その原動力となったのは、未来に思いを馳せる仲間の心に触れながら互いの心を通わせた結束によるものだと考えます。

そこで本年度会員交流委員会では、「響」をテーマに様々な思いを持つ仲間と心を通わせ合える場を創り出します。当委員会が一途に会員一人ひとりの気持ちと向き合い、目配り気配り心配りの心で接する姿勢を継続して示し、相手の思いと向き合い心を通わす大切さを伝えることで、会員同士が心を通じ合わせ認め合える友情が育まれます。育まれる友情の中で仲間の思いが一つに結束していくことによって、組織力の更なる向上に繋がると確信致します。

委員会事業計画

  1. 会員相互の交流・融和に関する事業の実施
  2. 各種大会・会議への積極的な参加の促進
  3. 新入会員拡大活動の推進
  4. 会員消息の実施
  5. 新年祝賀会の実施
  6. 家族会の実施
  7. 卒業生を送る夕べの実施
  8. 特別会員との交流の実施

 

アクセス数

 

 

 

アクセス数

 

 

アクセス数

アクセスカウンター
このページのトップへ